スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国語の教科書を売っている書店

台北市の書店で、中国語教科書を一番多く扱っているのと思われるのは、下の「師大書苑」なので、紹介しておきます。
在庫がない場合もあるので、本屋に行く前に電話で、確認してから行ったほうがいいと思います。

師大書苑
http://www.shtabook.com.tw/
台北市和平東路一段182-3號2樓
週一至週六9:30~21:00
週日及例假日10:00~18:00
TEL: (02)8369-5556~8

地図
http://www.shtabook.com.tw/move.htm
台北市和平東路一段182-3號2樓


台湾の中国語センターでよく使われている教科書の『新版實用視聽華語』は「中正書局」から出版されているので、上の「師大書苑」以外にも下の「中正書局」で直接買うこともできます。

中正書局
http://www.ccbc.com.tw/
頁 > 華語專區 > 成人華語教材 > 實用視聽華語
門市部
週一至週五9:00~17:00
地址:100 台北市中正區衡陽路20號
電話:(02)2382-1153



◆おまけ
台湾大学の近くにある「台灣e店」で扱っている教科書は、台湾語[閩南語(びんなんご)]関連の本を扱っています。

台灣e店(Taiuan-e-tiam)
http://www.taiouan.com.tw/catalog/
地址:106 台北市新生南路三段76巷6號1樓
電話:(02)23625799

地図
http://www.taiouan.com.tw/catalog/es_images/aboutus/map-new.jpg
注:最寄り駅はMRTの「公館」です。

中文關鍵詞:
[ 賣中文課本的書店 / 販賣華語教科書的書局 / 華語課本 ]


関連:
台北で中国の書籍を売っている書店


ブログランキングに参加しています。
↓「Blog☆Ranking (家鴨[あひる])」を一押し、お願いします。
[我有參加部落格排名競賽,請按一下下面的"小鴨"。]
スポンサーサイト
[ 2015/09/12 12:12 ] 中国語(中文) | TB(0) | CM(0)

台湾で中国語を学ぶ

中国語は中国大陸だけではなく、台湾でも学ぶことができます。
台湾で学ぶ利点は下のようなものがあると思います。

1) 繁体字を学ぶことができる。
中国大陸で使われている簡体字以外に、日本の漢字の旧字体とほぼ同じ繁体字を習うことができます。
台湾で使われている教科書には簡体字と繁体字が併記されたものもあるし、教科書の本文は繁体字で書かれているけど、単語リストには簡体字も併記されているものもあります。

2) 台湾で使われている中国語の表現、語句、発音をなどを学ぶことができる。
中国大陸で使われている中国語は日本でも、市販の教科書やNHKの中国語講座などで、比較的簡単に勉強することができます。
でも、台湾で使われている中国語を日本で学ぶ機会はあまり多くないと思います。
これは、日本で売られている中国語の教科書や辞書が中国大陸で使われている中国語一辺倒過ぎることが原因なんですが、、、。

ほかにも、治安が比較的いいほうだとか、台北だと交通が便利だとか、いろいろ利点はあると思います。


台湾で中国語を勉強しても、中国大陸の中国語がわからないのではと心配する人もいるでしょう。
でも、台湾で中国語をきちんと勉強すれば、中国の人たち、シンガポール、マレーシア、インドネシア、欧米の華僑の人たちと意思疎通できます。

これは、アメリカで英語をきちんと勉強すれば、イギリス、オーストラリアやニュージーランドの人たちと英語できちんと会話できたり、メキシコでスペイン語をきちんと勉強すれば、スペインやほかの中南米の国の人たちとスペイン語できちんと会話できたりするのと同じことです。

どんな言語でも、その国、その地域に特有の語句や表現や発音があるのはごく自然なことです。
ある程度語学の勉強が進めば、いろいろな国や地域の癖がある語句や表現や発音を理解する必要があると思います。
アメリカで英語を勉強したから、イギリス英語はあまりよく分からないというのでは、話にならないでしょう。
だから、台湾で中国語を勉強しても、中国大陸の中国語も自分自身で意識的に学んでいくことはいいことだと思います。


台湾で中国語を習うことができる語学学校や大学付属の中国語センターのサイトが載っているサイトを下に紹介します。



日本から申し込む場合、留学斡旋業者に頼むのもひとつの手です。
でも、費用を節約したいと思うのであれば、自分で直接学校に申し込んだほうがいいでしょう。

特に、長期で留学しようと考えている人は、留学斡旋業者を通さずに自分自身で手続きをしたほうがいいでしょう。
手続きを自分ですることも、海外の生活にうまく適応していくための経験だと考えてみて、自分で手続きをするのもいいと思います。

どこの学校でも申し込み用紙は、大体中国語と英語が併記されているし、日本語の説明のサイトや申し込み用紙もある学校もあるので、留学斡旋業者を通さなくても、自分自身で比較的簡単に手続きができると思います。

自分で学校に申請するなら、下のサイトに掲載されている大学付属の中国語センターや語学学校に直接申し込むことができます。


◎大学付属の中国語センター

●國際文化教育事業處
http://www.edu.tw/BICER/
國際文化教育事業處:華語中心
首頁 › 華語專區 › 華語中心
http://140.111.34.54/BICER/itemize_list.aspx?site_content_sn=15042
▼各大學校院附設華語文教學中心得自境外招收外國學生來臺研習華語一覽表
http://www.edu.tw/files/list/B0004/98年各大學華語文教學中心一覽表_981225.xls
「國際文化教育事業處」は台湾の「教育部(http://www.edu.tw/)」(日本の文部科学省に相当)の下部機関。
学校によっては、日本語や英語のサイトや申込用紙もあるので、中国語が読めなくても、自分で手続きをすることが可能。



◎中国語を教えている語学学校

●台湾情報
HOME >> 台湾の語学学校
http://www.taiwankanko.com/data/1000/1001/

●台湾留学.COM
http://taiwan-ryugaku.com/short/index.html
国語日報、TLI中国語文研習所、永漢語文補習班などのサイトも紹介しているので、そこから自分で連絡をとって手続きをすることも可能。



◎1週間程度の短期研修
主に社会人向けとして行われる5日~9日程度の短期研修についての情報です。

語学学校で勉強したいのであれば、学校に直接問い合わせて申し込むことができるはずです。
1対1の個別クラスを希望すれば、比較的自分の時間に合わせた時間で授業をのスケジュールを組むことも可能でしょう。

大学付属の中国語センターで勉強したいのであれば、日本の留学斡旋業者を利用することになります。
大学付属の中国語センターで行われている1週間程度の短期研修は、中国語センター独自で行っているものでなく、日本の留学斡旋業者が主催、募集して、教育は中国語センターに委託しているようです。

社会人向け短期研修を取り扱っている留学斡旋会社はいくつかあると思いますが、有名な会社をひとつ紹介しておきます。

●毎日留学ナビ:台湾留学 社会人集中講座のご案内
毎日留学ナビTop>>台湾留学>>社会人集中講座
http://ryugaku.myedu.jp/taiwan/special/
▼2009年 年末年始 社会人集中講座「国立台湾師範大学」
毎日留学ナビTop>>台湾留学>>社会人集中講座>>年末年始>>国立台湾師範大学
http://ryugaku.myedu.jp/taiwan/special/09ny/tw_shihan.html
▼社会人集中講座 「秋の国立台湾師範大学」
毎日留学ナビTop>>台湾留学>>社会人集中講座>>秋の国立台湾師範大学
http://ryugaku.myedu.jp/taiwan/special/tw_shihan_9.html
時期的な違いで、年末年始よりも秋のコースのほうが、料金が安い。

●ライブ台湾:秋は台北で中国語!台湾プチ留学(国立台湾師範大学コース)
http://www.livetaiwan.jp/news/newsc/news_page.php?act=280801540

●毎日コミュニケーションズ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8E%E6%97%A5%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA


◇台湾で使われている中国語




◎若年層向けの中国語集中コース
小中高生も参加できる中国語の集中コース

●僑委會:海外華裔青年語文研習班
http://www.ocac.gov.tw/public/public.asp?selno=929&no=2982&level=C
http://www.ocac.gov.tw/public/public.asp?selno=929&no=929&level=C
華僑青少年、少女向けの中国語コースなので、台湾[中華民国]の僑務委員会(略称:僑委会)の補助金があり、参加費用が安くなる。
参加者の対象年齢は14歳から24歳。
参加者自身が華僑(台湾[中華民国]の国籍を有する海外居住者)であるか、父親もしくは母親が台湾[中華民国]の国籍を有している(もしくは有していた?)ことが参加できる条件となる。
詳細は、上のサイトを参照。英語のサイトもあり。
有僑委會的補助金,所以學費比較便宜,但是學生年齡有限制,從14歲到24歲,學生需有華僑身分或父母親一方需有中華民國[台灣]國籍。

●台灣師範大學:華語夏令營
(NTNU Mandarin Summer Camp:台湾師範大学中国語サマーキャンプ)
http://chinese.mtc.ntnu.edu.tw:8080/culture/culture02/culture02-5/summercamp.html
↑トップから英語のサイトも選択可能。
http://chinese.mtc.ntnu.edu.tw:8080/culture/culture02/culture02-5/summercamp2010c.html
参加者自身や両親の国籍の制限なしに、参加できる。
補助金はない。参加者の対象年齢は8歳から15歳。
沒有補助金,學生年齡限制從8歲到15歲,學生不需有華僑身分。


◇発音



◇文法



◇会話、単語




◇電子辞書
CASIO


CANON




★リンク集 (Links 網路資源 링크집 Directorio de sitios)
http://seisdejulio.blog123.fc2.com/blog-entry-25.html
↑「中国語」の学習に関するサイトのリンクもあります。



ブログランキングに参加しています。
↓「Blog☆Ranking (家鴨[あひる])」を一押し、お願いします。
[ 2010/02/25 00:05 ] 中国語(中文) | TB(0) | CM(0)

華語文能力測驗:台湾の中国語能力試験

TOP(Test of Proficiency-Huayu:華語文能力測驗)という台湾の中国語の能力試験を7日(土曜日)に台北で受けた。
(この試験に関する情報(URL)は下のほうに掲載。)

前回のプレテスト(データ集めのための無料の試行試験)を受けたので、今回の本番の試験は無料で受けることができた。

同じ大学院に在籍している人たちも来ていて、同じ教室で受験した。

試験終了後、気になっている問題の答えを、博士課程に在籍している人に聞いて確認しようと思ったら、、、その人はもう教室にいなかった。
終了時間前に解答用紙を提出して、帰ってしまっていたようだ。
すごい、すごい。

俺は、終了時間の数十秒前にやっと全部解答することができたけど、、、。

で、修士課程に在籍している人、他に同じ大学院のYさんとその友人のSさんと、俺の4人で、しばらく気になっていた問題を話していた。


下のは我々4人が答えは何だろうと気になっていた問題:


小王學歷很高,經驗也很豐富,他負責這個工作_適合__了。

↑注:ポイントの[_適合__了]以外の文はちょっと記憶があやふや。

A)更  不為 
B)更  不過
C)再  不為
D)再  不過

(答えは一番下に書いておきます。)


「同心協力」(一致協力する)と「將心比心」(成語:相手の身になって、考える)なども選択する際にみんな迷った。

慣用句とか成語は知ってないと、太刀打ちできない。
勘で選ぶと間違うからなあ。


他に、家に帰ってきて、ネットで中国語のニュースを読んでいて気づいた。

どうやら、語句選択問題で「排擠」(排斥する、押しのける、仲間はずれにする)と選ぶべき問題を「排除」(排除する、除去する)と誤答してしまったようだ。
う~ん、微妙な違いだなあ。
まだまだ未熟者だなあ。


今回、試験後、初めて、他の受験者たちと気になった問題について、話した。
成語や慣用句に関しては、他の3人は同じ本で勉強していた。
で、俺も出版社やタイトルをメモさせてもらった。


●用日文說中國成語(25K+MP3(25K+MP3)
https://www.icosmos.com.tw/product_info.php?cPath=23_62&products_id=258
作者: Yu Meixiang
出版社: 語言工場
出版日期: 2007-07-11
ISBN: 9789861841472
(日本で出版されている中国語の成語を勉強する本を台湾で日本語学習のために出版している模様。なので、MP3には中国語ではなくて日本語の吹き込み録音されている。)


上の元の本が下の本。
下の本に付いているCDには中国語が吹き込まれているので、日本人が中国語を勉強する際にはこちら↓がお勧め。

「ネイティブがよく使う中国語表現」于 美香 (著), 于 羽 (著)



情報交換は、とても役に立ったので、次回からも試験の後にはできるだけ情報交換をしようと思う。

あと、試験を受けているときに、シャドウイングが中国語学習(と言うより、語学学習全般)に役に立つのではないかなと思ったので、下にシャドウイングに関するサイトを紹介しておきます。


中国語のシャドウイングに関するほんでは、『中国語シャドーイング入門―聞くと話すが同時に身につく』を持っている。
シャドウイングをやったことがなければ、上級者にも役立ついい本だと思う。




●よこちゃんのTOEIC・TOEFL・英語勉強法:シャドーイング
http://toeic-takoyo.com/kind-of-study/shadowing.html
シャドウイングについて、簡単に説明している。

●多聴多読マガジン:耳に効くシャドーイングの方法
http://www.cosmopier.com/eio/shadow.html
シャドウイングの方法を6つのステップに分けて説明している。

●All About: シャドーイング、通訳の英語力の秘密!
http://allabout.co.jp/study/english/closeup/CU20031125A/
リピーティング訓練、リプロダクションやリテンションという作業などの関連項目についても説明している記事あり。

●English Breeze: シャドウイング
http://www.h4.dion.ne.jp/~maimai66/study06.html
ホームページの管理人さん自身の大学時代のとても厳しいクラスの体験談。
これを読むと、言語の習得に王道なしと分かる。
コツコツと努力するしかないね。

●英語教育エッセイ: シャドーイングは万能薬なのか
http://www.eigokyoikunews.com/columns/taishukan/2005/02/post_37.html
シャドウイングの実践や限界などを理論的に説明。

おすすめの本:英語のシャドウイングの練習方法などを解説している本。

↑「究極の英語学習法K/H System (入門編) 」を買った。
根気強くこの方法を続ければ、英語の力は伸びると思う。



華語文能力測驗 [華語文能力測験]:TOP (Test of Proficiency-Huayu)
台湾で行われている中国語能力試験

●國家華語測驗推動工作委員會
http://www.sc-top.org.tw/

首頁 > 海外專區 > 海外施測 > 簡介
▼各考點之聯絡資訊:亞太地區
http://www.sc-top.org.tw/chinese/oversea.php
アジア、北米、中南米、ヨーロッパでもこの中国語の試験を実施している。
日本では、東京と大阪で受験可能。

首頁 > 相關資源 > 下載專區:參考資料
華語八百詞和八千詞
http://www.sc-top.org.tw/download/800+800020090114.xls
↑必見!級別に分けられた単語リスト。試験対策に役立つ。
発音はピンインで表記されている。
2009年末の時点では、発音のピンイン表記の一部に誤植があったので、要注意。




おまけの日記:

この中国語の試験を受けた日の夜は、台北市を走る淡水河の川岸まで、花火を見に行った。
30分ほどの花火だったけど、近くで見ることができて、とてもきれいだった。

日本で見たことがないような色や模様の花火を見られて、感動。
といっても、PLや天神祭りの花火ぐらいしか見たことないけど、、、。
淀川花火大会も見に行ったことがないなあ。

川岸から外の道に出るには、出口の門が一つしかなくて、花火が終わってから、40分ぐらいたって、やっと出ることができた。
人ごみで暑い、暑い。


花火関連のニュース:

大稻埕煙火節(1)
http://tw.news.yahoo.com/article/url/d/a/091107/5/1uizy.html
更新日期:2009/11/07 22:49
2009臺北大稻埕煙火節7日在大稻埕碼頭施放,總計2萬1千8百發煙火照亮北市夜空,整個河濱坐滿人潮。
中央社記者張皓安攝 98年11月7日


花火大会の前日に花火が橋の上にずさんに置かれていたことに対して、台北市議会の議員が消防法違反ではないかと批判しているとの報道↓。


大稻曙級潔ホ節 忠孝橋上 煙火藥筒亂放
http://tw.news.yahoo.com/article/url/d/a/091106/78/1ufkj.html
更新日期:2009/11/06 04:09
〔記者陳民、林恕暉/綜合報導〕台北市政府籌辦「倒數迎花博」大稻埕煙火節,在忠孝橋北側人行道布置高空煙火,每年都聲稱要落實維安,今年仍被發現煙火藥筒、引線亂放等缺失;市長郝龍斌昨天說,市府會檢討,尤其火藥亂放屬違規違法行為,將要求消防局到場查處。

僅用紙箱覆蓋

記者昨天凌晨、清早、傍晚實地觀察,估算高空煙火陳列區域長約800公尺,多數煙火藥筒只用瓦楞紙片、紙箱覆蓋,有些被風吹掉,完全沒有防範天候變化可能引發火藥安全顧慮,且夜間只有兩名保全人員各在兩端看守,甚至在台北縣端的保全人員竟能靠著煙火架深深沉睡,車輛呼嘯而過都吵不醒。此外,三重端也沒有樓梯口拉封鎖線及設管制告示牌,難防誤闖。

議員要求市府開罰

台北市議員陳玉梅昨天派助理上忠孝橋實勘,只見煙火藥筒管理鬆散,火藥引線隨便丟,甚至連滅火器都放在煙火堆中;她質疑,火藥亂放觸犯消防法規,市府應立刻開罰。

市府允加強保全

市府觀光傳播局回應,煙火藥筒內有防水布,遇雨不會淋濕,煙火也不會因點火就引燃,民眾無須擔心,將加設忠孝橋北側人行道三重端的管制告示牌;至於保全人員睡覺一事,會要求包商嚴加督導改善,不排除加派深夜看守煙火人力。


最後の部分が気になる。
台北市政府観光メディア局の回答は「花火の筒の中には防水用の布があるので、雨でもぬれることはなく、花火も火をつけてもすぐ燃えるものでないので、市民の皆さんも心配しないでください。、、、」

「煙火也不會因點火就引燃,」の解釈は「花火も火をつけてもすぐ燃えるものでない」で正しいよね?
俺の読解力不足?

台湾の花火って、結構燃えにくくて、安全なのかな?(笑)




答え
上の問題の答えは、「D)再  不過」です。
「再~不過了」で「これ以上~なものはない」とかの意味になるそう。
よく使う表現だそうだ。聞いたことも、見たこともなかった。
俺は間違えました。




★リンク集 (Links 網路資源 링크집 Directorio de sitios)
http://seisdejulio.blog123.fc2.com/blog-entry-25.html


ブログランキングに参加しています。
↓「Blog☆Ranking (家鴨[あひる])」を一押し、お願いします。
[ 2009/11/11 20:10 ] 中国語(中文) | TB(0) | CM(0)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。