FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Evening Cocktail Reception

昨晩、UCLA(University of California, Los Angeles カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のカクテル・レセプションに行った。

UCLAの卒業生を招待したレセプションだった。

夜7時過ぎに行ったら、UCLAの卒業生たちはもうすでに、飲み物を片手に、雑談してた。
その場の雰囲気に、ちょっと気後れしたけど、それなりに、積極的に、いろいろな人たちに話しかけた。(汗)

UCLAの学長、副学長、国際事務所の対外総括ディレクターが台北のこのレセプションに来ていた。
下の写真では、学長さんは、ちょっと厳しそうな表情で、怖そうな人に見えると俺は思った。
けど、実際は、とても気さくな方で、自ら積極的に、卒業生たちに話しかけていた。

副学長さんと総括ディレクターさんも、気さくにどんどん、我々卒業生たちに話しかけてくれた。
学長さんたち、3人から、名刺をいただいた。
驚いたことには、中国語も併記した書いた名刺をもらった。
これも、「中文熱」(中国語ブーム)の影響?

日本へ行ったときは日本語も併記した名刺、韓国へ行ったときは韓国語も併記した名刺を準備して行ったんだろうか?


レセプションの途中で、学長さんたちが自ら、パワーポイントを使って、UCLAの今回の訪問の目的などを説明した。

UCLAは環太平洋地域との関係を強化するために、今回、韓国、日本、台湾、シンガポールと学長たち自ら、訪問にしていると説明があった。

韓国ではソウル大学、日本では東京大学、台湾では台湾大学なども訪問したらしい。

UCLAの将来のビジョンに関する説明もあった。

それから、卒業生たちに、質問がないかどうか、たずねた。
何人か、質問をしたので、学長や副学長が答えていた。

的確に質問に答えていて、ビジネスプレゼンテーションみたいだなと感じた。
学長さんたちは雄弁、口が達者だった。すごい。

最近、日本でも大学経営は難しいと聞くし、見習わないといけない点もあるなと感じた。
台湾のうちの大学でも、これからは、卒業生のネットワーク構築にも力を入れようという構想があるので、参考にすべきことがあるなと感じた。

日本でも、台湾でも、少子化で、大学も潰れる可能性、あるからねえ。
大学経営を安定させていかないとね。


台湾人の卒業生たちとも名刺交換をした。
いろんな分野、いろいろな世代の人たちが来ていた。

ただ、言語教育専攻の卒業生はいなかった。
台北なので、日本人の卒業生にも会えなかったけど。(笑)

今回のレセプションは、大学側が主催した公式なものだった。
けど、卒業生たちで集まる、私的な食事会は時々あると、卒業生の一人が教えてた。

次回、こういう場があったら、「Hi!(ハ~ィ!)」って極的に、どんどんしゃべりかけようっと。
気後れしている内気な自分を少しだけでも変えようと思う。


UCLA Evening Cocktail Reception

ブログランキングに参加しています。
↓一押し、お願いします。

スポンサーサイト
[ 2009/02/20 14:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisdejulio.blog123.fc2.com/tb.php/48-a4181755

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。