FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作文

昨日、21日(土曜日)の午後、「全國外籍人士「流利級」華語電腦寫作比賽」(全国外国人「スペシャリストレベル」中国語コンピューター作文コンテスト)に参加した。


最高賞金1万元のため(?)か、北部会場の台北でも、参加者は結構いた。
ざっと見た感じでも、40人ぐらいはいた。
中部会場、南部会場もあるので、参加者はかなりの人数だったのかも。

同じ大学院の修士課程に在籍していて、俺と言語交換をしている韓国から来た留学生も参加していた。

以前、同じ試験の「高階級」(上級レベル)の無料の試行テストを受けた。
こちらは、賞金がなかったため(?)か、受験者は20人ほどだったと思う。


前回も、今回も、試験時間は同じ120分で、今回の「流利級」(スペシャリストレベル)は最上級だったけど、何とか時間内に書き終えた。

前回の「高階級」(上級レベル)では、時間配分が悪くて、時間が足りなくなり、作文を中途半端なままで終えてしまった。
でも、今回は前回の失敗を踏まえて、書き上げることを心がけた。
で、時間ぎりぎりで書き上げることができた。
今回の作文のテーマは「少子化」で、わりと書きやすいテーマだったのも良かった。


試験(コンテスト)の結果発表は4月末。
賞金には手が届いていないだろうけど、自分では、まずまずの出来だったと思う。
1万元は無理でも、佳作とかで、賞金、もらえたら、嬉しいけど。(笑)


韓国語もささっと書けるようになりたい。
秋の韓国語能力試験に向けて、作文の練習をしないといけないな。


追記:
この中国語の作文試験もそうだけど、ここ数年、台湾での語学の試験には、「CEFR」との対応を考えている試験が多いなと感じる。

●ヨーロッパ言語共通参照枠
Common European Framework of Reference for Languages (CEFR)
http://homepage.mac.com/jmajima1/bukosite/cef/Cefhome.htm

●「華語文寫作能力測驗」の情報:
中国語
http://www.sc-top.org.tw/chinese/WT/test1.php
日本語
http://www.sc-top.org.tw/jp/WR/test.php


TOP-Huayu-CompositionContest

ブログランキングに参加しています。
↓一押し、お願いします。
スポンサーサイト
[ 2009/03/22 14:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisdejulio.blog123.fc2.com/tb.php/49-b32e694b

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。